新世界秩序

このブログは特定の個人または団体を攻撃するものではありません。あくまで言論の自由に基づくものです。このブログでは、メディアでは報道されない真実、人類の危機に関する情報を提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽というのは形を変えた宗教であり、人々をマインドコントロールする一つの手段である。

現代音楽は宗教には入らない人々(若年層や無神論者)を取り込むためにそして一般大衆の精神や感情などをコントロールするためにロックフェラー財団の資金提供を受けてアメリカ音楽家連盟により導入された。 

楽器を演奏された方はわかると思うが、現代音楽の標準はA=440Hz(Aはアルファベットの始まりの文字でありイルミナティのピラミッドを表している)の音を中心に調律されており、実際に音楽を聴くと感情の起伏を大きくさせたり、精神バランスを崩すようにあらかじめチューニングされている。民衆を攻撃的にしたり逆にうつ的な状況にしたりできる。これは管理とマインドコントロールしやすい大衆を作りだすためである。しかし、真の目的は人間の持つ第六感、いわゆる超能力を封印するものである。 逆に人間にとって良い影響を与える周波数も存在し528HzはDNAの修復する効果があるそうだ。

アーティストとファンの関係はまさに宗教における教祖と信者の構成と同じであり、ファンはアーティストを神のごとく慕い、心情や信念を共有する。熱烈なライブはトランス状態に人々を導く。一種の集団ヒステリーである。アーティストの歌う歌詞内容は人々の頭に焼き付けられ、想像以上に社会に影響を及ぼしている。これらが音楽業界にイルミナティが入れ込んでいる理由だ。音楽業界は新世界秩序ニューワールドオーダー)の遂行上人々をコントロールするイルミナティにとって重要な拠点でありこれらの技術は軍事に転用もされている。

音楽業界にはイルミナティであるとされるアーティストが沢山存在する。

dc3738ce_640.jpg wGz3mr3yeTzdmieutTgnkXkBSIwBLobPjHwCmp0oCIPLas22ax6K+JUOgGeGnuZQM0HO+Kr0OYmG0FElb5D88w==.jpg piramid4_20071016072254.jpg
   (きゃりーぱみゅぱみゅ)         (レディーガガ)            (プロビデンスの目)

3928801113_abc13ef796_o.jpg 
(パフューム。 プロビデンスの目を表す左目を隠し強調する)

「WORLD ORDER」の_MACHINE CIVILIZATION_.mp4_000253663 WORLD ORDER in WPC 2011.mp4_000212513
(須藤元気率いるワールドオーダー プロビデンスの目)


Skull_and_Crossbones_c1947,_GHW_Bush_left_of_clock 

イルミナティのラッセル家によって設立された秘密結社スカルアンドボーンズ 後列左から6番目はブッシュ前大統領)


img_1093712_36365054_0.jpg 

(ワールドオーダー 13人構成 時計は13時を指す 13はイルミナティ、ユダヤ教にとって神聖な数字)

注意深く探せば大抵のアーティストのなかにイルミナティのシンボルが組み込まれているのがわかるだろう。

音楽はある種の宗教のようにアーティスはファンをコントロールすることが可能である。直接的にではなく音と歌詞によってコントロールできてしまうのである。

イルミナティの情報を暴露するとかつてのジョンレノンのように暗殺される。これは社会的に影響のある人物であるならば全員に言えることであるが、大衆に影響のある人物ほどイルミナティに勧誘されやすく暗殺もされやすい。
以下はジョンレノンがイルミナティの事について話している貴重なインタビューである。




ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)


クリックいつもありがとうございます↓↓↓


人気ブログランキングへ

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

タグ : 440Hz 528Hz イルミナティ ニューワールドオーダー 新世界秩序

グローバリストイルミナティ)の経済崩壊シナリオ通りいけば、近く経済崩壊が始まる。今のうちに資産や食糧飲料水などを確保しておく必要がある。

資本主義の崩壊を狙っているなら、紙幣の価値は限りなくゼロになり、経済流通も極端に低下するはずだ。今すぐに資産は金、銀、食糧、不動産等の実物資産に変える事を強く勧める。個人的には金よりも銀の方をお勧めする。銀は消耗品であり、工業部品等に使われ金のようにストックされにくいが有限の資源であり金よりも銀の方がまだまだ低価格で上昇余地もあるためである。


1-1.png
 
『1トロイオンス/1グラムあたり 銀価格推移』

暴動や強盗にも備えも必要だろう。事実、アメリカではすでに経済崩壊を予見している数百万の人たちが自衛装備を買い集めている。金持ち父さん貧乏父さんの著書で有名なロバート・キヨサキ氏、元石油メジャーで牧師でもあるリンゼイ・ウィリアム氏(彼はもともとグローバリスト側の人間である)、著名な政治学者でトレンドリサーチ研究所のジェラルド・セレンテ氏、経済博士であり初代欧州復興開発銀行総裁。元フランス大統領補佐官のジャック・アタリ氏などは以前からこのことについて警告してきた。

日本も例外ではない。債務は1000兆を超え爆発的に増え続ける日本だが返済のめどはたてられず今後も借金は増え続けるであろう。ある時期を境に円高から円安に転換し、もしくは同時に国債が暴落し結果的に金利は上昇し、インフレが進む。国内で国債を買い支え続けるのも限界がくるだろう。そして日本はある日突如として破綻する可能性が高い。

35dd9768.png
(国債の推移(1982年4月以降)。赤が内国債、黄色が短期証券、青が借入金、水色が一時借入金。)

国債による資金調達が出来なくなればもうそれまでである。公共サービス、社会福祉、医療等国のサービスの大幅な見直しをせざるおえなくなる。今の国民生活と比べればまるで悪夢のような事態になるだろう。

それが起こるまで時間がないのである。
今すぐ対策を講じるべきである。

事実に日本の金融界のジャーナリストやアナリストも最近はこのような事ばかり話している。問題は起きる起きないの問題ではなく、いつなのかである。

経済破綻は日本からとは限らないが、もしも日本が破綻すれば被害は日本経済や日本社会だけではなく世界も壊滅的打撃を受ける。その後、世界は戦争に向かう。その先にグローバルな世界市場、世界通貨、世界政府、世界宗教が姿を現すのだ。 人々は世界政府に頼らざる得なくなる。

 クリックいつもありがとうございます↓↓↓

人気ブログランキングへ

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ


タグ : グローバリスト イルミナティ

2012年を一つの山として計画されてきたグローバリストイルミナティ)のアジェンダは随分と計画がおくれているようだ。

アジェンダの予定は遅れてはいるが現在も計画は進行中である。
世界統一の直前には必ず大戦争が起こる。これは第三次世界大戦を引き起こし最終的に軍事独裁政権の共産主義を作り上げるのに必要なプロセスだからだ。しかし、 それ以前に世界規模の経済崩壊が先におきるはずである。

元NATO軍最高司令官で上院議員であるウェズリー・クラークによると2001年時点から5年間でイラク、シリア、レバノン、リビア、ソマリア、スーダン、最後にイランの7か国を侵略する計画がアメリカ政府ペンタゴンにあったことを明かしたが、現状はイラク、リビアは侵略済み、現在シリアに対して内部から工作をCIA等が仕掛けている。

428px-General_Wesley_Clark_official_photograph.jpg
ウェズリー・クラーク氏
2012年4月のイスラエルとイラン核開発の問題による関係悪化は戦争の一歩直前にまで悪化したものの、直前一旦は回避されたようだ。しかし8月現在、再び関係が悪化するよう計画が画策されている。紛争は限定的で次の戦争のきっかけとなるよう誘導されるだろう。

第三次世界大戦のきっかけはアングロサクソンミッションどおり、イランとイスラエルの関係悪化が引き金になるはずだ。今後、戦争に向かっていくよう世界の国々、とりわけアメリカ、イスラエル、イラン、中国、ロシア、およびアジア諸国並びに、中東で関係調整が進むだろう。

2b9423ba.jpg

推定で今年から2014年の間でイランとイスラエルの戦争、2015頃に世界大戦に発展してゆくのではないだろうか。

ヨーロッパEUについては2012年金融危機は徐々にEU全体に広まり、今後も混乱は続いていくだろう。その後、アメリカに飛び火する可能性もあるが、世界恐慌は突如として、アメリカから発生する可能性も十分にある。

アメリカについては今後10年で経済的に衰退していき内乱などがおき国内での暴動対策を名目とした軍事・警察国家としての基盤を築いていくだろう。

この軍事・警察国家体制への移行は日本を含む先進国すべてにおいて移行していき法律によるインターネットを含む言論の規制、あらゆる個人の自由の権利の剥奪がおこるだろう。

世界中において今までなかったタイプの事件や事象が数多くおこり人々の意識の世論誘導がおこなわれるだろう。

去年の夏以降、気象兵器HAARPにより世界各地で異常気象や局所的な大雨を誘発させている懸念があるが、地震を起こす事による効果と同様の効果を気象操作により得ることができる。人工地震の存在を疑う人々が多く出だしたのでこれ以上日本で人工地震は起こされる可能性は低いだろう。むしろ意図的に偽情報をだして人工地震の信憑性を失われる工作が行われている懸念がある


2012071501001148-450.jpg
昨年より日本を含む世界各地で洪水・浸水が多発。

気象兵器地震兵器・マインドコントロールのためのHAARPを以前紹介してきたが、さらにHAARPの上位版ともいえる兵器が開発されている。

これは、気象よりも大衆をコントロールすることに重点をおいたマインドコントロールというよりはほぼ人間自体を完全に制御することを目的とした装置である。これにより大衆を完全にコントロールできる兵器というべきか装置というべきものが開発されているるようだ。

HAARP研究家のニコラス・ベギーチ博士の著書(電子洗脳)から引用すると、

『最新技術の研究において明らかになった問題には、背筋が凍るような恐ろしい内容が含まれている。私は人間の精神や感情の支配および操作に関するアメリカの特許を40件以上、情報公開してきた。政府、学会、主要メディアの数千に及ぶ報告書から、最新技術が人間に与える悪しき影響の証拠を探しだした。調査の発端は軍が人間の行動支配を企み始めた1950年代にさかのぼる。当初、軍はコントロール効果を得るため、化学薬品や幻覚誘発剤を使用していた。だが、1960年代前半になると、焦点は非科学的な方法に移っていく。1970年代前半には、軍の一部と学会の研究により、(人間の行動は、微弱エネルギーを調整して使用すれば変化させられる)ことが明らかになった。そして、ついに現在、技術のレベルは「感情、思考、記憶を外部から操作できる」ところまできたのである。これが意味する影響力についてしばし考えてほしい。人間の思考が、拒否できない手段で邪魔され、操作されるのだ。こうした方法で思考を操作する力はロシアの優秀な科学者イーゴリ・スミルノフ博士の言葉を借りれば、「まるで神の命令で、逆らうことができない」のである。』

実際にNTTが2005年に人間をの脳に電気的刺激を与えて身体を遠隔操作する装置を発表している。文字通り命令すると強制的に人間の身体を動かすことが出来るそうだ。

ベギーチ博士によると、外部から記憶を植え付けたり、記憶を消し去ることや、脳波を操作したり、遠隔地1,000km以上離れた場所から催眠にかけるといったことは現在十分に可能であり、脳科学分野の特許等、企業や軍事分野の状況を考えると実際にその技術は使用されている懸念があると述べていた。

これはまさにヒトラーが言っていた、究極兵器をグローバリスト達が開発しているのだ。人間はコントロールされていることにさえ気が付かないだろう。(以下ヒトラーの予言より抜粋)


「諸君、近い将来、我々は『究極兵器』を持つようになる。かつて私は、それを細菌かウイルスだと考えて諸君に話したことがあったが、今では、もっと強力なものが見えている。『心理兵器』や『意志兵器』がそれだ。『特殊な電磁波』を媒体として、我々自身の意志をそのまま兵器にする。それは敵に命令し、少なくとも敵を無力化させ、我々の望む通りに動かす。軍隊に限らず、人類全体をそのようにできる。

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。

そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。


このようになると、もはや人類は完全にグローバリストイルミナティ)によって完全支配されるだろう。

人類完全制御の完成が意味するところは、人間の尊厳だけでなく、人間の自由全てを奪うものであり、新世界秩序への抵抗すべてを排除するものである。誰も、グローバリスト達の計画を疑う者はいなくなるだろう。

そのような事態を避けるために、国際法によるこれらの技術の使用制限等、法整備は必要不可欠であろう。そして、個人レベルでの知識・意識の向上、正しい判断のしかたや考える力を養わなければならない。とりわけ考える力は重要である。我々一般人は電線なしに電気を送電できる無線送電がニコラ・テスラ博士によって100年以上前に発明されている事さえ知らない。

(P&Gの創業者の子孫であるフォスター・ギャンブルによる暴露映画。2時間弱のこの映画でグローバリストの支配計画の全体像は把握できるだろう。2012年4月5日無料公開)






    クリックいつもありがとうございます↓↓↓         
 
人気ブログランキングへ 

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ 

タグ : HAARP イルミナティ グローバリスト 気象兵器 地震兵器 ニューワールドオーダー

3.11地震以降、数々の偽情報や工作があまりにも多く出回り始めたため、ここしばらくは更新をしなかったが、やはり最近の状況からすると日本を含む世界は危機的状況に変わりはなく、今後もグローバリストイルミナティ)が新世界秩序に向けたアジェンダを実行するかぎり、情報の発信を続けるつもりである。

最近では主にロックフェラー一族の衰退が目立つが、逆にロスチャイルドの権力は強まりつつある。
とは言うものの、ロスチャイルド一族の家系は複雑であり、最終目標は変わらないものの内輪でも抗争があるようだ。


541px-Rotschilds_arms.jpg
ロスチャイルドの紋章

2009年コペンハーゲンのCOP15においては、地球温暖化防止の枠組みの合意がひとつも得られなかったことに当時の英国ブラウン首相は『これで世界政府の設立が困難になった』と苛立ちをあらわにしながら発言し、ディビッド・ロスチャイルドも同様の発言をしていた。

近年特に計画はうまくいかなくなっているようだ。
新世界秩序に反対する勢力があらわれだした事も、身内の抗争を大きくしている原因の一つだろう。



    クリックいつもありがとうございます↓↓↓         
 
人気ブログランキングへ 

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ 

タグ : イルミナティ グローバリスト

HAARPで気象の操作や地震の誘発出来ることは既に多くの方がご存知だろう。
このアラスカにあるHAARPは米軍の管轄で1993年に稼動して以来、度重なる気象操作や地震を引き起こした。現にハイチやスマトラ沖の地震、巨大ハリケーン・カトリーナはHAARPによるものだとの証言がある。

現在このHAARPと同じ効果を持つ兵器を所有する国は、アメリカ、ロシア、オーストラリア、日本、イギリス、中国、インド、ブラジル等である。 
 
HAARP0.jpg 
(アメリカ合衆国 アラスカ州HAARP〈ハープ〉)

HAARPに関する技術の特許取得者バーナード・イーストランド博士により、HAARPは気象操作により雨のまったく降らない地域に雨を降らせたり、集中豪雨を拡散し洪水を防いだりすることは出来る装置として発明された。

しかし後に米国軍部によりこの技術を国家防衛装置として転用することになったが、それは最終的に武器兵器に変わった。

optDome.jpg 
(HAARP施設外観)

HAARPの近隣に住む住民達はこの施設やHAARPについて語ろうとしない。
ミネソタ州の元知事ジェシー・ベンチュラ氏は彼が出演するテレビ番組の中でHAARP施設の近隣の村や町で私立探偵にHAARPについての情報を集めるよう依頼したが、その私立探偵自身もあまりHAARPには関わりたくない様子だった。そして、調査結果は近隣住民は皆、友好的でおしゃべりだったのにHAARPの事になると別人のように冷たくなったり、話を避けようとしたという。

その村人のひとりが番組のインタビューに答えた。その人物によるとHAARP施設ではマインドコントロールの実験が行われていると答えた。

ctrlrm.jpg 
(HAARP施設内部)

父は元国会議員で兄は上院議員マーク・ベギーチであるHAARP研究の権威ニコラス・ベギーチ博士によると、この兵器は気象兵器地震兵器としてだけではなく、証拠を残さずに戦闘機や人工衛星を撃墜したり人工衛星との交信を遮断したり出来るそうだ。しかし彼が最も恐れたのはマインドコントロール兵器としてのHAARPだ。

博士によるとHAARPで一般の国民に対してマインドコントロールを行うことが出来るという事だ。特に拘束される事なく生活上でマインドコントロールが可能となる。

方法は二つ。音声情報で行う場合と感情レベルに直接働きかける方法だ。
ニコラス博士は感情レベルに直接働きかける方がより単純でHAARPで簡単に出来ると話した。その上HAARPの放つ電磁波が人の思考に影響を与えることを次のように語った。『人間の身体、精神はラジオ局を受信するようにシグナルを拾い上げるのです。ぴったり波長が合えば明瞭なラジオ放送が受信できます。人間の化学反応も身体構造、器官、脳も同じです。』

次に、ニコラス博士は友人に作成してもらったという簡単なポータブル装置で耳から聞くのではなく、皮膚にバンドを押し当て、皮膚の下の神経を通し脳に信号を送り音楽を聞かせるという事をやって見せた。ジェシー・ベンチュラ氏によると前頭葉から音楽が聞こえるような不思議な感覚だったということだ。

このように静止物どうしの波長を合わせ、トリガーされれば地震も起こせるとニコラス博士は語った。彼はこの兵器がテロリストの手に渡ることにより飛行機を墜落させたり気象操作したり人工衛星を停止したり、まったく戦争と思わせずに戦争を引き起こしたりすることが出来る事を懸念していた。

HAARPは近年、地震兵器気象兵器として多くの方に認識されてきたが、このマインドコントロール兵器とも呼べる兵器を大衆にサブリミナルのようにメッセージをこめた電磁照射を浴びれば、自分の本来の意思とは別の思考を介入させることで特定の行動をとらせることも可能であろう。

我々は心理戦争、情報戦争に加え、サイレント・ウォーズ(沈黙戦争)とも呼ぶべき戦争を仕掛けらているのかもしれない。 それは地球上のほとんどの人が気がつかないうちに攻撃できるのである。

HAARPのグラフの中に疑わしき痕跡を発見した。それは2010年の9月10日直前のことだ。

haarp20100910.jpg 
(2010年9月10日当時、10日に日にちが切り替わる直前にプロットスケールを最大にしてもなお垂直方向に伸びる、異常な波形のグラフが確認される)

plotstations_20110515012906.png 
(2011年現在、なぜか不自然にグラフは修正された)

9月14日は民主党の代表選挙だった。
ここで選挙に関してのネット調査世論と現実の世論調査との不一致が確認されており結果として、管政権が続投した。しかし、この結果には違和感を感じた人も多かった。

この修正前のグラフは過去、気象や地震を起こして来たときのようなグラフの形ではない。マインドコントロールとしてある意図を持ったサブリミナルを日本人に向けて照射していたのかも知れない。


また、HAARPはもともとUFOテクノロジーの産物であるという声もある。
以下の映像は作成者不明でどのような目的で作られたのかも分らない。しかし、映像に使われている写真などは実際に存在している写真であり、またUFO研究家や軍事評論家でも見たことがない写真などが使われている事から以前一時期話題になった映像である。




ニューワールドオーダー計画のためにイルミナティやグローバリスト達によってこのような先端技術は一般に公開されることなく独占されてきた。しかしもうこれ以上隠蔽するのは不可能だろう。既にイルミナティは反対勢力によって衰退しだしてきている。グローバリストのなかには彼らがこれまで行ってきたように冤罪により逮捕されたり暗殺されたものもいる。彼らの権力が弱まってきているためだ。


悪魔の世界管理システム「ハープ」 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)





    クリックいつもありがとうございます↓↓↓         
 
人気ブログランキングへ 

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ 

タグ : 地震兵器 気象兵器 ニューワールドオーダー HAARP ニコラス・ベギーチ

 | Copyright © ☆☆New World Order☆☆~ニューワールドオーダー~ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。