2010年12月

このブログは特定の個人または団体を攻撃するものではありません。あくまで言論の自由に基づくものです。このブログでは、メディアでは報道されない真実、人類の危機に関する情報を提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹のベストセラー『1Q84』のタイトルが暗号になっていることを発見した。
Qはアルファベット順に並べると17番目の数字である。

数字になおすと11784になる。 グーグル検索すると、ISO 11784のみ検索で引っかかる。
その内容は、動物の皮下埋め込みマイクロチップの規格内容であった。

以下ISO 11784の内容である。

rfid.jpg images.jpg

                                                           
1.動物の個体識別等を目的とした電子標識器具である。
マイクロチップには、犬の鑑札のように動物の体表に装着する方式、豚の耳標のように動物の体表に付着させる方式、動物の体内に直接埋め込む方式等があるが、通常、専用の挿入器(使い捨てタイプ)で犬やねこ等の背側頚部皮下に埋め込んで使用するのが一般的である。
2.それぞれのマイクロチップには世界で唯一のナンバーがメモリーされており、読取器(リーダー)から発信される電波によってナンバーを読み取り個体識別を行う。
3.内部はIC(電子回路)、コンデンサ及び電磁コイルから構成されている。これらを生態適合ガラス(鉛を含まないガラス)で完全にシールしてある。
4.マイクロチップの情報を読み取る仕組みは、読み取り器(リーダー)から発信される電波が、電磁誘導によってマイクロチップ内のコイル(アンテナ)に電力を発生させ、これによりICチップが起動し、15桁のナンバーのデーター電波を発信する仕組みとなっている。、
このため、マイクロチップ本体には電池が不要であり、半永久的な使用が可能である。


今までに取り上げたことのある内容だが、マイクロチップを人間の皮膚に埋め込む事は、ニューワールドオーダーの計画の一部である。 個人情報をマイクロチップに登録し、支配者層が国民の行動を監視する社会を形成する。 合理的な管理手法であり、人間は支配者層の人間に家畜のように扱われる。
tip.jpg
これは動物に埋め込むものであり2005年の物であるが、既に1997年には極小サイズのチップを人間に埋め込むことが可能であったらしいと言う話もある。 




 クリックお願いします↓↓↓
  
  
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

タグ : マイクロチップ

 | Copyright © ☆☆New World Order☆☆~ニューワールドオーダー~ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。