ユダヤ系外資の日本侵略計画

このブログは特定の個人または団体を攻撃するものではありません。あくまで言論の自由に基づくものです。このブログでは、メディアでは報道されない真実、人類の危機に関する情報を提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本にとって主要な産業の上場企業は、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーなどの外資が上位に入り込んでいる。実に外国勢の持分比率は約40%にものぼる。つまり日本の上場企業の4割分はもう既に日本人のものではないということである。国際会計基準を推し進めたならば、日本企業とアメリカ企業との垣根がより平坦になる。つまり日本企業はアメリカ企業に置き換わっても問題なくなる。さらに外国の持分比率が増え、持分比率が過半数をこえればあっという間に日本企業は消滅する。


以下一部抜粋(ヤフーニュースより)

≪米国公認会計士資格の受験が2011年春にも日本国内で可能になることが7月16日、分かった。これまでは米国内でしか受験できず、日本人受験生は試験のために米国内の受験会場に行く必要があった。国内受験が可能になることで、受験生の増加につながる可能性がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000000-zdn_ait-sci


クリックお願いします↓↓↓
  
  
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://o1xmlan.blog134.fc2.com/tb.php/12-5504b9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ☆☆New World Order☆☆~ニューワールドオーダー~ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。