現状として

このブログは特定の個人または団体を攻撃するものではありません。あくまで言論の自由に基づくものです。このブログでは、メディアでは報道されない真実、人類の危機に関する情報を提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HAARPの動きは安定しだしてきている。
しかし、まだ稼動はしているようだ。
今後もいつ動き出すか分らないため注意が必要である。

plotstations_20110504230947.png

さて、日本の放射能汚染について、政府と御用学者達によってプルトニウムに関する情報は隠蔽されてきたが、最近になってようやくプルトニウムに関する情報や議論がテレビでも放送されだしている。

政府のほうは現在、プルトニウムは原発の敷地以外では観測されていないといっているが、プルトニウムに関しては敷地以外では検査しようともしていないようだ。

しかし、ハワイではプルトニウムが観測されている。当然、日本でも広範囲に降り積もっていることが予想される。

以下引用。【http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html

米国環境保護局(EPA)のRadNetのデータベースを詳細に調べてみたところ、3月下旬から4月初旬にかけて行われたグアム・ハワイや米国西海岸での計測において、異常な濃度のプルトニウム・ウランが検出されていたことが分かった。これにより福島第一原発から最も毒性の強いプルトニウムやウランが大気中に飛散していることが裏付けられた(当然海中にも放出されていることになる)。この事実に日本の政府・マスコミ・東電・御用学者はだんまりを決め込んでいるが(米国政府もアクセスの多い一般向けのページにはごく一部の放射性物質の情報しか掲載していない)、すでに海外の専門家の間やネットでは隠しきれない事実になりつつある。(引用終了)
 
なぜ、ここまで政府は隠そうとするのだろうか?
それは、プルトニウムが尋常ではないほどの危険物質であり、これが既に日本に広範囲に拡散してしまっているからだ。プルトニウムは重金属だから遠くには拡散されないというのは嘘である。

以上のことから、もう、3月14日の3号機爆発によって日本に拡散しプルトニウムは降り積もったと見るのが普通の見解だろう。雨や風で流されてきた降り積もった死の灰は再度風によって空中に巻き上げられる。そのたびに口や鼻から放射性物質を吸い込むことになるのだ。

以下、飯山一郎氏のホームページ【http://grnba.com/iiyama/index.html】より引用

関東・東北6千万人のうち,4千万人は,すでに体内被曝してます.
それほどの放射性物質が,この1ヶ月半の間に,降り,舞い散ったのです.
今も,放射性の微粒子は,連日連夜,関東・東北に降り舞い散っています.
今後も,何十年,いや百年後まで,放射性物質が舞い散り続けるのです.
関東・東北は,はっきり言います,放射能地獄なのです.
この悪夢のような現実を,日本人全員が甘く見ています.
こうなったのは,政府・マスコミ・御用学者が国民を騙し,洗脳したからです.

さて,体内被曝した4千万人の5割の2千万人が10年後までに放射能障害
(癌や白血病や骨肉腫)に罹ります.
つまり,関東・東北は,癌地獄になるのです.

鼻血が出ない=被爆していない,なんてことはありません.
鼻血が出るのは,鼻腔粘膜の弱い人です.
被爆しても,鼻腔粘膜が強い人は鼻血を出しません.

口呼吸している人も,鼻血を出しません.
口呼吸している人は,放射性物質が肺臓にストレートに飛び込みます.
ともかく体内被曝していると覚悟を決めたうえで,冷静に対処していく…,
つまり,マクロファージ=と免疫力を高めていきながら,しぶとく,たくましく
生き延びていきましょう。


昨日も,驚くような情報が多かった.
驚いたのは,東電福島の現場は,青山繁晴の報告とは逆.中性子線の恐怖!と.
それから,東京・新宿のビル陰の吹き溜まりに,プルトニウムが存在する情報も.
あと…,

3月15日.赤坂のレストランに某民主党議員の秘書が食事に来て,オーナーに,
「きょうが最後の食事になる.先生もオレも新幹線通勤になる.」
と.これは原発事故が想像を絶する深刻な事態であることを知っていたからだ,と.
実際,最近の東海道新幹線・のぞみ号のグリーン車は,朝夕は満席が多い.
高級官僚や上場企業のトップは,家族を京都・大阪に疎開させているからね.渡邉正次郎の有料ブログには,菅直人が田中真紀子に語った“真実情報”がある.

アメリカ人なんか,日本に一人もいなくなるでしょうな.場合によっては,
日本列島から日本人が出て行かなきゃならなくなるかもしれない.
チェルノブイリ以上になる可能性だってある!
首相官邸には,日本では最も正確なトップ・シークレットが上がってくる.
菅直人も,当然,タイミングがズレても,“真実情報”を知ることが出来る.
「一応は,総理大臣なんだから…」
これは官邸内での,仙石と官僚と米国政府から派遣された“最高顧問”の会話だ.
なんと,今,日本の政治の中枢・総理官邸には,米国政府官僚の席があるのだ.

東京はヤバイ! これは,日本の政財官界トップの共通認識だ.
国民には「心配ない,大丈夫!」と50日間も言い続けているが…,
エライさんたちは,みーんな,京都・大阪に住んでいる.
で,新幹線通勤.
これでは不便だからと,きょうも,官邸の奥の秘密会議室では…,
有事に備える!という名目での“首都移転”,いや“副首都”の選定会議がある.
まぁハッキリ言えば,コレは,東電福島の再度の大爆発から逃げる算段なんだが,
東京→大阪を迅速に移動できる伊丹空港近辺の千里!
という案が有力らしいね
 (引用終了)


情報隠蔽されているだけで東京でも相当数のプルトニウム被爆者がいるのではないだろうか。子供たちは公園などの土遊びなど直接灰が積もっていると思われる箇所は素手で触れないようにしたほうがよい。また通勤、通学にもマスクは必須だろう。





    クリックいつもありがとうございます↓↓↓          
 
人気ブログランキングへ 

携帯からの方はこちらにお願いします↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://o1xmlan.blog134.fc2.com/tb.php/43-4c1bf64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ☆☆New World Order☆☆~ニューワールドオーダー~ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。